ラケット

ジオブレイク70とエフレーザー7の違い(70S・70V/7S・7V)【ソフトテニスラケット】

ジオブレイク70とエフレーザー7の違い(70S・70V/7S・7V)【ソフトテニスラケット】

「ジオブレイク70(70S・70V)って、エフレーザー7(7S・7V)と何がちがうの?」

っていう方に向けて、ジオブレイク70シリーズとエフレーザー7シリーズのちがいについて説明をします!

 

この記事を読むと

  • ヨネックス(YONEX)のジオブレイク(GEOBREAK)70シリーズとエフレーザー(F-LASER)7シリーズの特徴がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

 

先に結論です!

ジオブレイクとエフレーザーのちがい

 

ジオブレイク70シリーズとエフレーザー7シリーズを比較して、強引に並べてみると、こんな感じなのかなと思いました。

エフレーザー7S より後衛向き。
ジオブレイク70S 後衛向けだけど、エフレーザー7Sよりもネットプレーしやすそう。

(理由)ラケットの長さがエフレーザー7Sより少し短いから

ジオブレイク70VS ジオブレイク70Sと70Vの中間っていうイメージ。
ジオブレイク70V 前衛向き。
エフレーザー7V 前衛向きで、ジオブレイク70Vよりもネットプレーしやすそう。

(理由)ラケットの重心がより体に近くてラケット操作しやすいから

 

では、別々に説明します。

 

 

ジオブレイク70Sとエフレーザー7Sのちがい

後衛用ラケットの70Sと7Sを比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)70Sの画像

ジオブレイク70S

エフレーザー7Sの画像

エフレーザー7S

素材 高強度カーボン



リアクトレジン
Namd

高強度カーボン
高弾性カーボン
タフレックスHR
ゴムメタル



サイズ UL0
UL1
SL1
UL0
UL1
SL1
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 690mm 695mm
バランス UL:290mm
SL:290mm
UL:290mm
SL:290mm
定価 22,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います。

ジオブレイク70S エフレーザー7S
素材 高強度カーボン



リアクトレジン
Namd

高強度カーボン
高弾性カーボン
タフレックスHR
ゴムメタル



 

はっきり言って僕みたいな素人にはわかりにくいのですが、簡単に言うと、ジオブレイクの方が新しい素材を使っているよ、ってことだと思います。

ジオブレイクシリーズで新たに採用されたのが「リアクトレジン」という素材で、ここが大きな違いなのかなと思います。

 

もちお
もちお
リアクトレジンって何それ

 

って感じなので、参考までに↓。

ジオブレイクのテクノロジーの画像

リアクト レジン

「高強度」、「高靱性」の新樹脂。ラケット全体に搭載し、軽量化と柔らかさを両立。

引用:ヨネックス

 

まあよくわからないんですけどw、つまるところは「今までよりも軽いけど、それでも丈夫な新素材を、ジオブレイクには使いましたよ」ってことだと思います。

 

 

ちなみに、ジオブレイクは「ジャイロバーストシステム」という技術も使われています。

ジオブレイクのテクノロジーの画像

ジャイロバーストシステム

「回転」と「反発」を同時に向上させる新システム。かつてないボールの威力を実現。

引用:ヨネックス

 

つまるところストリングの可動域を大きくする(回転のかかりが良くなったりする)ための工夫です。

 

もちお
もちお
が、正直すごく原始的な工夫なのでw、「なんで今までこの工夫が出てこなかったのかな?」っていろいろ考えてしまいます。

 

(このシステムを採用できない理由があった?このシステムを採用するとグロメットが壊れやすかったりして、マイナス面が大きい?)

 

 

また、サイズについて。

ジオブレイク70S エフレーザー7S
サイズ UL0
UL1
SL1
UL0
UL1
SL1

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

表記は同じですが、先ほどのリアクトレジンという素材の影響で、ジオブレイクの方が若干軽めになっているようです。

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

ジオブレイク70S エフレーザー7S
全長 690mm 695mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

ジオブレイク70Sの方が、ラケットの操作がしやすい(ラケットを動かしやすい)ってことで、素早いプレーに対応しやすいってことかなと思います。

 

 

値段は同じです。

ジオブレイク70S エフレーザー7S
定価 22,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

 

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

 

ジオブレイク70Vとエフレーザー7Vのちがい

前衛用ラケットの70Vと7Vを比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)70Vの画像

ジオブレイク70V

エフレーザー7Sの画像

エフレーザー7V

素材 高強度カーボン



リアクトレジン
Namd

高強度カーボン
高弾性カーボン
タフレックスHR
ゴムメタル



サイズ UL1
UL2
SL2
UL1
UL2
SL2
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 685mm 685mm
バランス UL:275mm
SL:270mm
UL:270mm
SL:265mm
定価 22,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います。

ジオブレイク70V エフレーザー7V
素材 高強度カーボン



リアクトレジン
Namd

高強度カーボン
高弾性カーボン
タフレックスHR
ゴムメタル



 

はっきり言って僕みたいな素人にはわかりにくいのですが、簡単に言うと、ジオブレイクの方が新しい素材を使っているよ、ってことだと思います。

ジオブレイクシリーズで新たに採用されたのが「リアクトレジン」という素材で、ここが大きな違いなのかなと思います。

 

もちお
もちお
リアクトレジンって何それ

 

って感じなので、参考までに↓。

ジオブレイクのテクノロジーの画像

リアクト レジン

「高強度」、「高靱性」の新樹脂。ラケット全体に搭載し、軽量化と柔らかさを両立。

引用:ヨネックス

 

まあよくわからないんですけどw、つまるところは「今までよりも軽いけど、それでも丈夫な新素材を、ジオブレイクには使いましたよ」ってことだと思います。

 

 

ちなみに、ジオブレイクは「ジャイロバーストシステム」という技術も使われています。

ジオブレイクのテクノロジーの画像

ジャイロバーストシステム

「回転」と「反発」を同時に向上させる新システム。かつてないボールの威力を実現。

引用:ヨネックス

 

つまるところストリングの可動域を大きくする(回転のかかりが良くなったりする)ための工夫です。

 

もちお
もちお
が、正直すごく原始的な工夫なのでw、「なんで今までこの工夫が出てこなかったのかな?」っていろいろ考えてしまいます。

 

(このシステムを採用できない理由があった?このシステムを採用するとグロメットが壊れやすかったりして、マイナス面が大きい?)

 

 

また、サイズについて。

ジオブレイク70V エフレーザー7V
サイズ UL1
UL2
SL2
UL1
UL2
SL2

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UL1」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

表記は同じですが、先ほどのリアクトレジンという素材の影響で、ジオブレイクの方が若干軽めになっているようです。

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、バランスも違います。

ジオブレイク70V エフレーザー7V
バランス UL:275mm
SL:270mm
UL:270mm
SL:265mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

エフレーザーの方が、重心が手前(体に近い)ってことがわかります。

 

エフレーザーの方が、スイングした時にラケットの重さに引っ張られにくいっていうことですね。

ボレーの時のラケット操作はエフレーザーの方がしやすいのかもしれません。

 

値段は同じです。

ジオブレイク70V エフレーザー7V
定価 22,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

 

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

 

ジオブレイク70VSについて

全ポジション対応ラケットのジオブレイク70VSのスペックはこんな感じ。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)70VSの画像

70VS

素材 高強度カーボン



リアクトレジン
Namd

サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1
面の大きさ 90平方インチ
全長 690mm
バランス UXL:285mm
UL:280mm
定価 22,000円(税抜)

 

 

ジオブレイク70シリーズとエフレーザー7シリーズのちがいのまとめ

エフレーザー7S より後衛向き。
ジオブレイク70S 後衛向けだけど、エフレーザー7Sよりもネットプレーしやすそう。

(理由)ラケットの長さがエフレーザー7Sより少し短いから

ジオブレイク70VS ジオブレイク70Sと70Vの中間っていうイメージ。
ジオブレイク70V 前衛向き。
エフレーザー7V 前衛向きで、ジオブレイク70Vよりもネットプレーしやすそう。

(理由)ラケットの重心がより体に近くてラケット操作しやすいから

 

ジオブレイクに関する他の記事

ジオブレイク50の違い(50S・Vと50VSで迷う人へ)

ジオブレイク50とエフレーザー5の違い(50S・50V/5S・5V)

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い

ジオブレイク70の違い(70S・Vと70VSで迷う人へ)

ジオブレイク70と80の違いをまとめた

ジオブレイク80の違い(80Sと80Gで迷う人へ)

 

ラケットの選び方

【ソフトテニス】ラケットの選び方を解説【最強ラケットを見つける】
【ソフトテニス】ラケットの選び方を解説【最強ラケットを見つける】本記事では、 ソフトテニスラケットの選び方 について説明をします。...
【ソフトテニス】2本目のラケットへの買い替え方とおすすめラケットを解説【前衛・後衛】
【ソフトテニス】2本目のラケットへの買い替え方とおすすめラケットを解説【前衛・後衛】本記事では、 ソフトテニスラケットの買い替え方 について説明をします。...
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

アンダーウェア・スパッツを紹介

ソフトテニスのおすすめアンダーウェアまとめ【もっと勝ちたい人向け】
ソフトテニスのおすすめアンダーウェアまとめ【もっと勝ちたい人向け】「ソフトテニスをやる時に着る長袖アンダーウェア(アンダーシャツ)について知りたい」 このブログ記事は、そんなソフトテニスプレーヤーやその保護者に向けた記事です。 本記事では ソフトテニスで着用する長袖アンダーウェア(アンダーシャツ) についてまとめます。...
ソフトテニスで勝ちたきゃスパッツ履くべし!おすすめのスパッツまとめ
ソフトテニスで勝ちたきゃスパッツ履くべし!おすすめのスパッツまとめ「ソフトテニスをやる時に着るスパッツについて知りたい」 このブログ記事は、そんなソフトテニスプレーヤーやその保護者に向けた記事です。 本記事では ソフトテニスで着用するスパッツ についてまとめます。 ...
本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA