カウント別の戦術

ソフトテニスで練習するべき攻撃・戦術パターン【展開の種類も】※初心者〜中級者向け

 

本記事の内容

  • 展開を作るところまでのパターン
  • 攻撃パターン・戦術
  • 展開練習

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

 

 

ソフトテニスの展開は4種類

まず、超基本的なことから。「もう知ってるよ!」って人は読み飛ばしてOKです。

 

ソフトテニスには4つの展開があります。

  1. 正クロス展開
  2. 逆クロス展開
  3. 左ストレート展開
  4. 右ストレート展開

 

4つの展開の図はこちら
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

それぞれの展開での、前衛と後衛の大まかなポジション(立ち位置)を◯で描いています。(展開によって微妙な違いがあるので、要チェック!)

 

【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】
【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】「前衛をやっているけど、立ち位置が分からない。」 「前衛なんだけど、全然ボールに触れない。」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 ソフトテニスの前衛のポジション について説明をします。...

 

 

ソフトテニスのプレーがスタートする形も4種類

ソフトテニスのプレーがスタートする形も4種類です。

  1. 後衛サーブ・後衛レシーブ
  2. 後衛サーブ・前衛レシーブ
  3. 前衛サーブ・後衛レシーブ
  4. 前衛サーブ・前衛レシーブ

 

スタートする形の図はこちら
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】 これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

 

この4種類の形をくり返します。

 

 

ここで注目してほしいのは、プレーがスタートする4種類の形のうち以下の3種類はソフトテニスの4つの展開の形になっていないということです。

※「①後衛サーブ・後衛レシーブ」の形は、最初から正クロス展開です。

②後衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③前衛サーブ・後衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

④前衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

 

 

つまり、

  • ②後衛サーブ・前衛レシーブ
  • ③前衛サーブ・後衛レシーブ
  • ④前衛サーブ・前衛レシーブ

の場合は、展開を作るところまでのプレーが必要になる

ということ。

 

 

展開を作るところまでのパターン

参考:強いペアと弱いペアの差

強いペアと弱いペアの差は、「展開を作るところまでのプレーの正確さ・緻密さ」だと思います。

 

 

この動画のプレーを見ると、最後のバックハンドカウンターの印象が強いですが…。

それよりも注目すべきは、「サーブ・レシーブ・3本目」正確さ・緻密さです。

 

 

初心者〜中級者のペアって、サーブレシーブの練習はするけど、展開を作るところの練習は疎かにしがち

中学2年生くらいの初心者~中級者レベルでは、4つの展開を作るところまでのプレーがまだまだ下手で、展開ができる前にプレーが終わってしまうことが多いです。

そういうミスが多いと、必然的に負けが多くなりますよね。

 

 

一方、強いペアは、展開を作るところまでの練習をしっかりとやります。

具体的に言うと、「サーブ・レシーブ・3本目」

 

そんなの当たり前じゃん…って感じかもしれませんが、「サーブ・レシーブ・3本目」が大事なことはわかっていても「なんとなく」プレーしている選手って、結構多い気がしています。

 

もちお
もちお
自分自身、なんとなくプレーをしている選手でした。

ただ、大学に入ってから大学日本一になったことのあるスゴい人にコーチをしてもらうことになり、そのコーチから「サーブ・レシーブ・3本目が大事!」って口うるさく言われました。

 

実際に自分が指導者になって中学生を教えるようになったら、「サーブ・レシーブ・3本目が重要」の意味をより深く実感。

「サーブ・レシーブ・3本目」の練習を徹底的にやったら、試合が安定するようになったし、勝てるようになったんです。(「サーブ・レシーブ・3本目」を疎かにしていた時は負け続けていましたが、総体前に「サーブ・レシーブ・3本目」を徹底的に練習したところ、ノーシードの位置から勝ち上がってメダルを獲得できた)

 

 

というわけで、「展開を作るところまでのプレー(サーブ・レシーブ・3本目)の正確さ・緻密さで、強いか弱いかが決まる!」って僕は思っています。

「展開を作るところまでのプレー(サーブ・レシーブ・3本目)」を正確に・緻密にやれば、ラリーで主導権を握れるので。

 

 

で、実は「展開を作るところまでのプレー(サーブ・レシーブ・3本目)」には、王道パターンとも呼べるものがあります。

トップレベルの選手の試合を観ると、「よくある流れ」(=王道パターンセオリーがあることに気づきます。

ここからはその王道パターンを説明します!

 

後衛サーブ・後衛レシーブからのパターン

「①後衛サーブ・後衛レシーブ」は最初から正クロス展開なので、そんなに深く考えなくても大丈夫。

 

①サーブはミドル

(ワイド=外側にサーブを入れるパターンもありますが、ミドルに入れて相手を回り込ませるサーブが基本。ワイドのサーブはエースを狙いに行く時に使うことが多い。)

②後衛レシーバーは、回り込んで正クロスに打ち返す

③サーバー側の後衛は、正クロスのボールを

  • (1)正クロスに打ち返す【正クロス展開へ】
  • (2)右ストレートにロブで打ち返す【右ストレート展開へ】
図はこちら

 

 

 

後衛サーブ・前衛レシーブからのパターン

①サーブはワイド

(サーブをワイド=外側に入れると、苦手な人が多いバックハンドを使わせることができるし、相手前衛をコートの外側に追い出して、コートの中央にスペースを作ることができる)

②前衛レシーバーは、逆クロスに打ち返して、ローボレーポジションへ(レシーバー側の後衛は、フォローポジションからストレート展開のポジションに移動)

③サーバー側の後衛は、逆クロスのボールを左ストレートの4番に打ち返す【左ストレート展開へ】

※相手前衛に触らせてしまうと、「どこにボレーされるかわからない」ことが多いので、相手前衛にギリギリ触らせないコース(=4番)に打つのがポイントです。

※体勢が崩れたりして4番にコントロールできる状況じゃない時は、無難に2〜3番を狙うのが得策です(ローボレーされて、陣形がグチャグチャってならずに済むので)。

 

※もし4番ではなく5番の方にボールが飛んだら(レシーバー側の前衛の近くにボールが来たら)、前衛はローボレー。中間ポジションでのボレーは、「ネットよりも低い打点→守り」「ネットよりも高い打点→攻め」っていうのがセオリーです。

  • ネットより低い打点でボレーする場合 → 後衛につなぐ
  • ネットより高い打点でボレーする場合 → 前衛の方に叩く

 

図はこちら

 

4番ではなく5番の方にボールが飛んだ時↓

 

 

 

前衛サーブ・後衛レシーブからのパターン

パターン1

①サーブはミドル

②後衛レシーバーは、右ストレートに打ち返す(前衛はストレート展開のポジションへ)

③サーバー側の後衛は、左ストレートのボールを

  • (1)左ストレートに打ち返す【左ストレート展開へ】
  • (2)逆クロスにロブで打ち返す【逆クロス展開へ】

※レシーバー側の前衛がストレート展開のポジションに入れないことがすごく多いです(ストレート展開の時に、自分の後衛とは反対側のコートに立ち続ける中学生がかなりいる)。前衛のポジションは「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線の上に立つ」のが基本。

 

図はこちら

 

 

 

パターン2

①サーブはミドル


②後衛レシーバーは、正クロスに打ち返す


③サーバー側の前衛は、正クロスのボールを

  • (1)正クロスに打ち返して、前にダッシュする【左ストレート展開へ】
  • (2)右ストレートにロブで打ち返して、前にダッシュする【逆クロス展開へ】

 

図はこちら

 

 

前衛サーブ・前衛レシーブからのパターン

パターン1

①サーブはワイド

(サーブをワイド=外側に入れると、苦手な人が多いバックハンドを使わせることができるし、相手前衛をコートの外側に追い出して、コートの中央にスペースを作ることができる)

②前衛レシーバーは、3番か4番に打ち返して、ローボレーポジションへ

(サーバー側の前衛は前にダッシュする)

③サーバー側の後衛は、右ストレートのボールを正クロスに打ち返す【正クロス展開へ】

※ミドルの4番に打てると攻撃的なボールになる(相手後衛が回り込むかバックハンドになるので)

 

図はこちら

 

 

 

パターン2

①サーブはワイド

(サーブをワイド=外側に入れると、苦手な人が多いバックハンドを使わせることができるし、相手前衛をコートの外側に追い出して、コートの中央にスペースを作ることができる)

②前衛レシーバーは、逆クロスに打ち返して、ローボレーポジションへ

③サーバー側の前衛は、逆クロスのボールを左ストレートに打ち返して、前にダッシュしてローボレーポジションへ【正クロス展開へ】

※ミドルの4番に打てると攻撃的なボールになる(相手後衛が回り込むかバックハンドになるので)

 

図はこちら

 

 

 

ソフトテニスの攻撃パターン【各展開の戦術】

サーブ・レシーブ・3本目の後(=各展開ができてから)の攻撃パターンについては、電子書籍にまとめました。

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

 

展開練習

準備中

 

他のおすすめ記事はこちら

ソフトテニス練習メニューまとめ【前衛・後衛】

上手くなる方法(コツ・考え方・技術・戦術)

ソフトテニス戦術まとめ

ソフトテニスのYouTube動画まとめ【前衛・後衛・戦術】

ソフトテニスのおすすめ本まとめ【軟式テニス】

 

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA