【ソフトテニス】

【ソフトテニス】速くて深いボールでは意外とミスをしない

【ソフトテニス】速くて深いボールでは意外とミスをしない

本記事は、裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)のメルマガの記事です。

2020年10月11日(日) 第270号

https://softtennis-blog.com/ura-step-202004

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

速くて深いボールでは意外とミスをしない

つくば市で開催された「スポーツ少年団ソフトテニス近隣大会中学生大会」の画像

//もちおのソフトテニスノート

//2020年10月11日(日) 第270号

——————————————-

 

今日は、つくば市で開催された「スポーツ少年団ソフトテニス近隣大会中学生大会」の見学に行きました。(先日お世話になったつくばJr.ソフトテニスクラブの方からお声掛けいただきました。)

 

今日の大会は小6〜中2が中心の大会。僕自身、中学生がメインの大会を本当に久しぶりに見たのですが、多くの選手に共通したミスの形があることに気づきました。今回はそのことについて話します。

 

 

速くて深いボールでは意外とミスをしない

まず気づいたのは、速くて深いボールを打たれた時にそんなにミスをしていないっていうこと。

 

「深いボールを打て」ってよく言うじゃないですか。なので、深いボールを打つと相手がミスしそうなイメージがありますが、実はそんなにミスしないんですよ。

 

速くて深いボールが来た時は、後ろに下がりながら後ろ重心でロブを上げることができるんです。

ネットから離れた場所(ベースラインよりも後ろ)で打つことになるので、アウトする確率も低い。(ロブが浅くなってスマッシュボールに…っていうことはあるにせよ)

速くて深いボールを打たれても、意外とミスしないんです。

 

一方で、

 

速くて浅いボールではミスが多発している

ということに気づきました。

サービスライン付近(手前)でバウンドするシュッとした速いボールを打たれた時に、みんなミスしがちなんです。

 

 

速くて浅いボールではミスが多発する理由

つくば市で開催された「スポーツ少年団ソフトテニス近隣大会中学生大会」の画像

理由を考えてみました。

 

(1)浅いボールなので前に動いて打つことになります。後ろ重心にはならないので、ラケットを結構思い切って振れちゃう状況。

ですが、ボール自体は速いので、前に詰めながらラケットを思い切って振っちゃうと、相手のボールとラケットがケンカするような感じになってしまうわけです。で、結果的にネットしたりアウトしたりしてしまう。

 

(2)ロブを上げようにも浅いところから打つことになるので難しいし、打点が低くなりがちなのでそもそもロブを上げるのが難しい。

 

 

こんな感じでしょうか。たぶん(1)が重要。

これ、戦術として使えそうだなと思いました。今日の大会を見ていろいろと発見があったのですが、今日は以上です!またね、

 

ソフトテニスメルマガ

ソフトテニスについて自分の頭で考えたこと、研究した内容などを書いた、毎日配信のメルマガをやっています。

 

よければ参加お願いします。↓

 

https://softtennis-blog.com/ura-step-202004

 

本などについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

社会科のYouTubeチャンネル

社会科(歴史・地理・公民)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

 

 

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>YouTubeチャンネルはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA