メルマガ記事

【414ページ目】ボールを「押す」について思うこと

//もちおのソフトテニスノート

//2021年3月4日(木) 第414号

——————————————-

フォアハンドストロークにおいて、インパクトの際にボールを「押す」というアドバイスを聞いたことがある人は多いはず。僕も言われたし、僕自身も言ったことがあります。

が、この「押す」という言葉、実はあまりよくない指導なのでは?と思っています。

 

 

ボールは押せない

ボールとラケットが接触している時間は約0.004秒らしいです。人間の反応時間は約0.2秒なので、ボールとラケットの接触を認識してから「押す」という操作を加えることは不可能なのです。

 

 

押さない方が良い

ラケットのスイング時に「押す」意識をもつと、手元でラケットを操作することになって、腕に余計な力が入ってしまうことになります。

余計な力が入るとスムーズなスイング動作に支障を来たすことになり、スイングスピードが落ちてしまいます。

スイングスピードが落ちると、ボールに与えられるエネルギー(→スピードと回転に分配される)が小さくなります。

 

つまり、「押す」意識を持つと、その目的とは逆の結果になってしまうわけです。

 

 

「押す」のではなく、スイング軌道をまっすぐにする

僕は「押す」というよりも、スイング軌道をまっすぐにする、という方がわかりやすいと思います。”感覚的に”ではなく”物理的に”説明できるので。

 

 

【414ページ目】ボールを「押す」について思うこと【もちおのソフトテニスノート】

物理的に考えると、インパクト前後が曲線的になるスイングの場合、「まっすぐな」エネルギーをボールに伝えることはできません。どうしても斜めのエネルギーになってしまいます。

 

 

【414ページ目】ボールを「押す」について思うこと【もちおのソフトテニスノート】

一方、インパクト前後が直線的になるスイングをすれば、「まっすぐな」エネルギーが伝わります。エネルギーロスをおさえられるわけです。

 

つまり、インパクト前後のスイング軌道を直線的にすれば良いわけです。ボールとラケットが接触している約0.004秒の間にラケットは約10cm進むらしいので、この約10cmがまっすぐになるようなスイング軌道を目指せばいい。

そのためには、”意識的に”「押す」のではなく、力を抜いて、慣性の法則で”無意識のうちに”ラケットが前に(直線的に)動いて”しまう”ようにする。

 

ってのが、僕の考えです。みなさんは「押す」についてどう考えていますか???

以上です!じゃ、またねー。

 

メルマガについてくわしくはこちら

 

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA