メルマガ記事

【ソフトテニス】ファーストサーブのコースの狙い方について

【ソフトテニス】ファーストサーブのコースの狙い方について

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

ファーストサーブのコース甘すぎ

//もちおのソフトテニスノート

//2020年12月04日(金) 第324号

——————————————-

昨日、中学生と試合をしました。

その試合の中の、後衛サーブ後衛レシーブの時のサーブについて思うことがあったので、忘れないうちにそのことについて書いておこうと思います。

 

後衛サーブ後衛レシーブ

相手は後衛が中学2年生で、前衛がジュニアあがりの中学1年生。に対して、こちらは後衛が僕、前衛がコーチの高校生というペア。

 

後衛サーブ後衛レシーブの場面です。

 

【324ページ目:もちおのソフトテニスノート】ファーストサーブのコース甘すぎ

中学2年生の後衛がファーストサーブを打ちました。ファーストサーブのコースは大体このあたり。レシーバーのフォア側で、そこまで角度がついているわけではないっていうファーストサーブです。

 

 

【324ページ目:もちおのソフトテニスノート】ファーストサーブのコース甘すぎ

そのサーブに対して、僕はストレートにレシーブ。前衛の横を抜くレシーブを打って、ポイントを取ることができたんです。(相手前衛はストレートを守る動きはしていなくて、甘いクロス〜ミドルあたりをボレーしようとする動きをしていたと思います。ファーストサーブが入ったから、攻撃的な動きをしようとしたんだと思う。)

 

このようなプレーが、2回ありました。ほぼ同じ状況。サーブのコースも、相手前衛の動きも、僕のレシーブもほぼ同じ。

で、「これはメルマガのネタになるなあ」と思ったのですw

 

 

サーブのコース

このプレーの一番の問題はサーブのコースだったと思います。

レシーバーがほぼ動かずにフォアハンドで打ててしまう「打ち返しやすいサーブ」だったんですよね。

 

ファーストサーブだからそれなりに速さはあるんだけど、、、コースが甘いから簡単にストレートに打ててしまう、そういうファーストサーブ。

 

 

中学生的には、ファーストサーブがそんなに入らないから「ファーストサーブが入る=攻撃のチャンス」って感じの感覚だったのかもしれません。だから、前衛は甘いクロス〜ミドルあたりをボレーしようとする動きをしていたのかも???せっかくの”チャンス”だもんね。

 

んが。

 

本来、自分の後衛がファーストサーブを入れてくれたとしても、相手レシーバーがほぼ動かずにフォアハンドで打ててしまう「打ち返しやすいサーブ」だった場合は、ディフェンスの意識を強く持たなきゃいけないと思うんです。だって、そのサーブは攻撃になっていないから。(ものすごいスピードが速いサーブだったら別の話だけど)

 

「ファーストサーブが入る=攻撃ができている」じゃないんです。

 

後衛サーブ後衛レシーブの戦術

もしファーストサーブから正クロスボレーをするという戦術をとりたいなら、ファーストサーブのコースは超重要。

 

 

んで、よく言われるのは「ミドルを狙う!」ですが、このミドルのサーブについて深く考えてみたい。

大きく分けて、「ミドルのサーブ」は3種類あると思っています。

【324ページ目:もちおのソフトテニスノート】ファーストサーブのコース甘すぎ
  1. 相手レシーバーが回り込んでレシーブすることになるミドルサーブ
  2. 相手レシーバーが回り込むかバックで打つか悩むことになるミドルサーブ
  3. 相手レシーバーがバックでレシーブすることになるミドルレシーブ

 

【ソフトテニスの戦略】ファーストサーブのコース(3種のミドル)【村上林ペア】

 

もしファーストサーブから正クロスボレーをするという戦術をとりたいなら、相手レシーバーが「回り込みながらレシーブをする」という状況を作りたいです。

「回り込みながらレシーブをする」ことになれば、打点が体に近くなって、引っ張り(右利きの場合は正クロス)にボールを打ちやすくなるからです。

 

 

 

つまり、ファーストサーブから正クロスボレーをするという戦術をとりたいなら、「相手レシーバーが回り込んでレシーブすることになるミドルサーブ」を打つのが良いんです。

 

これよりも厳しすぎるサーブを打ってしまうと、相手はロブで逃げてきてしまうかもしれない。これよりも甘いサーブを打ってしまうと、相手はストレートを抜いてくるかもしれない。

 

 

前衛に正クロスボレーをさせたいなら、相手が正クロスについ打ちたくなるような、絶妙な加減のサーブを打つ。これが本当に難しい。

でも、頭が良くて上手い後衛はこういうことを考えてプレーをしているんですよね。本当に上手い選手は、どのコースを狙うか?にちゃんと根拠があるんです。まじすごいです。

 

まとめ

まとめると、「なんでそのコースにボールを打つのか、よーーーーーーく考えよう!」ってことです。

「2人で1本」は偶然生まれるわけじゃない

 

ファーストサーブ1つとっても、いろんなコースが考えられます。「いろんなコースを、自分なりの根拠を持って打ち分けよう!」っていう意識で練習することが、その選手を上達に導くんだと思っています。

 

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA