メルマガ記事

【ソフトテニス】団体戦のオーダーの組み方(3-1-2が好まれる理由)

【ソフトテニス】団体戦のオーダーの組み方(3-1-2が好まれる理由)

今回は裏Step内に投稿した

団体戦のオーダーの組み方①(3-1-2が好まれる理由)

です。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

ソフトテニスの団体戦のオーダーの組み方

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

//もちおのソフトテニスノート

//2020年9月16日(水) 第245号

——————————————-

団体戦の悩みの種であるオーダー。

自分なりのオーダーの組み方をはっきりと持っている指導者がいる一方で、「どうやってオーダーを組めばいいのかわからない」って悩んでいる指導者もいるはず。

「3-1-2の順番が一般的って言われているけど、本当にこれでいいのか悩む…。オーダーでミスしたら自分の責任だし…。」って思いますよね。

 

ということで今回は、(参考になるかはわからないけど)オーダーの考え方や僕なりのオーダーの組み方について話をします。

※ダブルス×3本という小中高の一般的な団体戦の話。

まず、一般論から。(すっごく当たり前の話をします)

 

 

オーダーは6通り

3ペアに1番手・2番手・3番手という序列がある場合、オーダーの組み方は6通りです。

  • 1-2-3
  • 1-3-2
  • 2-1-3
  • 2-3-1
  • 3-1-2
  • 3-2-1

この6通りのオーダーの中から”最適”なオーダーを選ぶわけです。

 

 

よく見るのは3パターン

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

じゃあ”最適”なオーダーってなんだろう…って悩むことになって他チームのオーダーを研究したりするんだけど、実際の団体戦の各チームのオーダーを見てみると「この6通りのオーダーが全て均等に選ばれているわけではない」ということに気づきます。

 

よく見る(監督が選びがちな)のはこの3パターン。(たぶん)

  • 1-2-3
  • 1-3-2
  • 3-1-2

 

【1-2-3】

最初の2本で勝ちを決めてしまおう!っていうオーダー。1番手で流れを作り、2番手に託す…って感じ。全中でよく見る(気がする)。

 

【1-3-2】

1番手で勝って良い雰囲気を作った後、3番手に伸び伸びプレーをしてもらおう!っていうオーダー。3本目までもつれた時は守護神の2番手の出番。

 

【3-1-2】

3番手に(負けてもいいから)元気よくノープレッシャーで伸び伸びプレーしてもらって、勝った場合は1番手で勝負を決める、負けた場合は1番手に踏ん張ってもらって守護神の2番手に託す…っていうオーダー。

 

んで、僕はこの3つのオーダーの中で【3-1-2】が一番好まれる傾向にある気がしています。

 

 

3-1-2が好まれる理由

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

では、3-1-2のオーダーが好まれる理由は何なのか?を、監督の心理から考えてみます。(だいぶ回りくどい説明になります)

 

まず考えられるのが、

①1番手(大将ペア)が必ず試合に出るようにしたい

という理由。「1番手が試合せずに負けた=チームの実力を出し切らずに負けた」っていう感じがするので、 監督は1番手を3本目に持ってくるオーダーを組みにくい。よって、【2-3-1】【3-2-1】っていうオーダーは選択肢から消えがち。

 

となると【1-2-3】【1-3-2】【2-1-3】【3-1-2】の4択になるわけだけど、ここで

②2番手を1本目に持ってくる合理性がない

ということに気づく。

 

(単純な考え方をすると、)2番手が1番手に勝てる確率は低いから、自分のチームの2番手を相手チームの1番手に当てたくない。

 

じゃあどこに2番手を配置するのが良いのか?

 

相手チームのオーダーが【1-2-3】【1-3-2】【2-1-3】【3-1-2】 の4択だとすると、自分のチームの2番手を1本目に配置した場合、(単純に考えると)4分の2の確率で1番手と当たってしまうことになります。なので、2番手を1本目に持ってくるのは非合理的

 

よって、【2-1-3】という選択肢も消える。つまり、【1-2-3】【1-3-2】【3-1-2】の3択に絞られます。

 

ここまでが、監督の心理から見た「6通りのオーダーのうち、【1-2-3】【1-3-2】【3-1-2】 の3つが選ばれがちな理由」の説明になっています。

 

そして、ここまでくると

③3番手を1本目に持ってくるのは合理的

と考えることになるはず。

 

3番手は相手チームの1番手・2番手に負ける確率が高いということを考えると、「どうせ負けるんだったら相手チームの1番手と当てたい」って考えるのが監督の心理。

 

じゃあ相手チームの1番手は何本目に出てくる確率が高いか?を考えるわけだけど、【1-2-3】【1-3-2】【3-1-2】の3択で考えると3分の2の確率で1本目に出てくることがわかる。

なので、「どうせ負けるんだったら相手チームの1番手と当てたい」 って考えるなら、3番手を1本目に持ってくるのが合理的と言えます。

 

仮に相手が【3-1-2】で来た場合、3番手同士の戦いになって勝てる確率は五分五分。面白い勝負になります。いろいろ考えても、「3番手は1本目に置かない方が良い」っていう理由が見つからないのです。

 

ということで、【3-1-2】のオーダーが最も好まれるのだと思います。

困ったら【3-1-2】にしておけばOK。合理的なので。

 

 

僕のオーダーに対する考え方

以上が一般論です。

この一般論(理屈)を踏まえて、僕がどうやってオーダーを組んでいたか?について話をします。

んが、ここまでで結構な長文になっているので、続きは明日書きます。

 

【246ページ目:もちおのソフトテニスノート】団体戦のオーダーの組み方②(僕はこうやって考えた)

 

今日は以上です!ではでは。

———————————————————
———————————————————

 

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA