僕の考え

【574ページ目】頑張りきれないキミへ:チームの代表になるということ

//もちおのソフトテニスノート

//2021年11月6日(土) 第574号


 

チームの代表になるということ

 

頑張りきれないキミへ。

 

なんでキミが団体戦のメンバーになれたか?

なんでキミがチームの代表に選ばれたか?

なんでみんなに応援してもらえる立場にキミが立つことになったか?

 

キミが他の人よりもうまいから?

そうだよ。下手な人は選ばれないからね。

キミは間違いなく他の人よりもうまいから、団体戦のメンバーになれたし、コートに立ってプレーする権利を与えられた。

 

でもね。一番の理由はそれじゃない。

キミがうまいからじゃない。

 

 

 

なんでキミが代表に選ばれたのか?

なんで頑張りきれないキミが団体戦のメンバーになれたか?

 

一生懸命頑張ってる他の強いメンバーを勝たせるためだよ。キミがサボっている時も一生懸命頑張っていた、アイツらのためなんだよ。

頑張りきれなかったキミは、”仕方なく”選ばれたんだ。

 

 

 

自分でも気づいているでしょ。チームの中で自分は上の方だって。上から数えて6番目以内に入るって。

そうだよ。キミはうまいんだよ。

そして、キミはチームにとって必要な存在なんだよ。キミがいないとチームは勝てないんだよ。

 

だから、たとえ今後も頑張りきれなかったとしても、これからも代表に選ばれると思う。

“仕方なく”、だけどね。

 

 

 

本当は、誰だって一生懸命頑張っている人を選びたい。

でもそんなことはできない。

 

だって、それだと他の強いメンバーがかわいそうでしょ。一生懸命頑張っているキミ以外のメンバーがかわいそうでしょ。

一生懸命頑張ってるけど弱い人を選んでしまったら、

「アイツは頑張っている」っていう理由だけで、実力がともなっていない人を選んでしまったら、

それってわざわざ負けに行くようなものだから。

わざわざ負けに行くって…一生懸命頑張ってる強いメンバーがそれじゃ納得しないんだよ。やるせない気持ちになるんだよ。

 

だから、頑張りきれない人でも、強ければその人を選ぶんだ。

 

 

でもね、強いキミが選ばれたとしても、

試合に負けた時、キミの仲間は思うだろう。

 

「アイツがもっと頑張ってくれていたら、どんな結果になっていただろう?」

 

もちろん、頑張っていたとしても試合には負けたかもしれない。頑張ったからといって、違う結果になるとは限らない。

 

でも、キミの仲間の心の中には、ずっと疑問が残り続けるんだ。

「アイツがもっと頑張ってくれていたら、どんな結果になっていただろう?」って。

 

 

つまり、キミが頑張りきれなかった時点で、一生懸命頑張っているメンバーはやりきれない気持ちになることが運命づけられるんだ。

そのことがわかっているから、キミが頑張りきれない時、キミがサボろうとした時、

仲間は優しく、キミを怒らせないように、キミの糸が切れてしまわないように、笑顔で声をかけてくれたはずだ。

 

頑張ろうよって。

 

心の中で悔し涙を流しながら、だけどね。

 

 

 

もしかしたら、なんでみんな一生懸命やっているのにあんなに下手なんだろう…?自分が代表に選ばれなくて済むならそれでいいのに…って思うかもしれない。

でもね、そういうもんなんだよ。一生懸命やってもうまくなれない不器用な人もいるし、そこまで頑張らなくてもうまくなれる器用な人もいるんだよ。

世の中そういうもんなんだよ。

 

そんな中で、キミはうまいんだ。キミは恵まれているんだ。

そんなこと言われても…別にそんなこと望んでないし…代表になんかなりたくないし…責任なんて負いたくないし…って思うかもしれない。

でもね、強い人はね、例えキミ自身が望んでいなくても、いろんな人の思いを、チームの運命を背負わなきゃいけないものなんだよ。

これが強い人の宿命なんだよ。

そんなの嫌だって?

どうしても背負いたくないなら、背負って頑張ることができないなら、自分から代表を辞退しなよ。席を譲りなよ。

その代わり、一生懸命やってきた仲間は悲しむし、キミを失ったことで勝てなくなるだろうけどね。

 

 

 

そろそろ自分のためだけのテニスから卒業しようよ。いつまでもわがまま言ってるんじゃないよ。いつまでも自分のことだけ考えてるんじゃないよ。

キミのテニスは、もうキミだけのテニスじゃないんだ。

他の人の思いも背負ってプレーしようよ。

 

うまいってことは、キミがこれまで努力をしてきた証。今まで頑張ってきたから、今の立場があるんだ。選ばれるってことは、キミにだって頑張ってきた過去があるってことなんだ。

キミは自分のために頑張ることができるんだ。

 

自分のためにすら頑張れない人が山ほどいる中で、キミは自分のために頑張ることができる人間なんだ。

 

じゃあ次は、自分のためだけじゃなくて他の人のためにも頑張ってみようよ。他の人の思いも背負ってプレーしようよ。自分という存在の範囲を広げていこうよ。

自分の範囲を広げていくってことが、オトナになるってことだから。

 

 

 

 

これからは頑張ろうって思ってくれたキミへ。

残酷なことを言うけど、今まで頑張りきれない生き方をしてきた以上、ちょっとの決意じゃキミは変われないと思う。

積み重ねって恐ろしいんだ。人間って、良いことも悪いことも、続けるとクセになるんだ。

だからすぐには変われないと思う。サボりたい気持ちがすぐに湧いてくると思う。

 

でも大丈夫。少しずつで大丈夫。

少しずつでも変わろうとしているキミは、もう今までのキミとは違うから。

 

 

もちを

 

 

あとがきにかえて

めっちゃポエムってしまいましたが(恥)、、、

「サボるエース」みたいな問題って全国各地のいろんなチームで起こっているんじゃないかな?って思って、各チームの監督さん・コーチの方々の心の中をイメージして書かせていただきました。こんなポエムを最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

僕の思いはただ一つです。選手に後悔してほしくないんです。

「頑張りきれなかった過去」を背負って生きていくのって、本当につらいので…。

 

 

ちなみに僕も中学時代に頑張りきれなかった経験があります。そしてその後悔から、高校・大学とソフトテニスを続け、いまだにソフトテニスから離れることができていません。

挙げ句の果てには、こんなポエムを恥ずかしげもなく垂れ流してしまうくらいのコジラセオジサンになってしまっています。

もうここまで来たらとことんコジラセオジサンを極めてやろう!と、誰からも頼まれていないのに勝手に決意しちゃっていますので、

今後とも当ブログをよろしくお願いします。

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA