【ソフトテニス】

【143ページ目】「打点に入るのが遅い」の対処法

//もちおのソフトテニスノート

//2020年6月6日(土) 第143号

——————————————-

今までたくさんの中学生を見てきましたが、わりとスムーズに打点に入れる選手と、フリーズしてしまう選手に分かれると思っています。

フリーズしてしまう選手とは

相手が打ったボールが飛んできて、一瞬「….」ってフリーズして、相手のボールがネットを越えてから動き始める

→余裕をもって打点に入れない

 

で、フリーズしてしまう選手の克服法がいまだによくわかっていません。「どうしたもんか」と困っています。

今回は、「打点に入るのが遅い」の対処法について、自分なりに考えたことを書きます。

 

 

ボールの落下地点を予測する

今のところ、こういう仮説を立てています。

 

【仮説】「打点に入るのが遅い」選手は、ボールの落下地点を十分に予測できていない。

 

大学生の頃の僕は、日本一を獲ったことがあるコーチから口すっぱく「すばやく落下地点を予測しろ!」って言われていました。

確かに、相手が打ったボールの落下地点をすばやく正確に予測できれば、動き始めるのも早くなるし、最短距離で移動することができるはずです。

 

 

じゃあ、どうやってボールの落下地点を予測するのか?です。

 

整理してみたところ、ボールの落下地点を予測するタイミングは、大きく分けると4回あるのかなーと思いました。

 

 

ボールの落下地点を予測するタイミング

予測①

【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法
  • いつ:自分がボールを打って、相手が動いている時点
  • 根拠:打ったコースと、相手との距離感(余裕があるか?)

 

予測②

【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法
  • いつ:相手が打ち始める時点
  • 根拠:相手の体勢(打ち方)

 

予測③

【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法
  • いつ:相手がボールを打った直後(ボールがネットを越えるまでの間)
  • 根拠:ボールの軌道と勢い

 

予測④

【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法
  • いつ:相手のボールがネットを越えた後
  • 根拠:ボールの軌道と勢い

 

少しくわしく説明します。

 

 

予測①

  • いつ:自分がボールを打って、相手が動いている時点
  • 根拠:打ったコースと、相手との距離感(余裕があるか?)
【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法 【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法

自分がボールを打った時点で、「次に相手はどこから打ってくるか?」を予測して、「ボールが飛んでくる確率が高い範囲」を頭の中でイメージします。で、ポジションを微調整。

 

例えば、チャンスボールを打っちゃった時にササッと少し後ろに構える、あの動きがそうですね。そういう動きを、チャンスボールを打った時に限らず、あらゆる場面で行う。

 

たぶんほとんどの選手が無意識にやることだと思いますが、「無意識でやっている」か「無意識のままやっていない」かで、打点に入るスピードが変わってくるのかなーと思っています。

 

 

 

 

予測②

  • いつ:相手が打ち始める時点
  • 根拠:相手の体勢(打ち方)
【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法

 

相手が打つ時に、体勢が崩れていたりしたら「甘いボールが返ってくるかも」って予測して、体重を前にかけて浅いボールに対する準備をします。

 

https://softtennis-blog.com/softtennis-preparation-short

 

 

予測③

  • いつ:相手がボールを打った直後(ボールがネットを越えるまでの間)
  • 根拠:ボールの軌道と勢い
【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法

相手が打ったボールの弾道を見て、「たぶんここらへんにバウンドするだろうな」って予測して、移動し始めます。

 

 

予測④

  • いつ:相手のボールがネットを越えた後
  • 根拠:ボールの軌道と勢い
【143ページ目:もちおのソフトテニスノート】「打点に入るのが遅い」の対処法

相手が打ったボールの弾道を見て、「やっぱりここらへんか」って修正して、フットワークを微調整します。

 

 

打点に入るのが遅い選手

「打点に入るのが遅い」選手は、予測④しか十分にできていないのかもしれません。

「相手の体勢が崩れているんだから、短いボールが来る確率が高いでしょ!」って思う場面でも、「打点に入るのが遅い」選手はベースラインの後ろでジーっと待っていたりするんですよね。(①と②は不十分)

 

また、相手が打つ前の予測(①②)だけでなく、相手が打った後の予測(③)も足りない感じ。

 

 

って、整理して言語化してみたところ、なんとなく原因は見えてきたように思うんですけど、じゃあ「具体的にどうやって」克服するのか?がまだわからんのです。

試行錯誤してみます。

 

今日は以上です!ではでは。

 

ソフトテニス戦術本

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)

2021年5月に各展開の戦術についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

⇒くわしくはこちら

 

ソフトテニス初心者指導本

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!

2021年4月に初心者指導についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

⇒くわしくはこちら

 

ソフトテニスメルマガ購読はこちらから

https://softtennis-blog.com/ura-step-202004

 

本・メルマガについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

メルマガ

ソフトテニスメルマガもやっています(週2回くらいの配信)。

このブログに公開する前の原液みたいな内容をメルマガに投稿しています。

テーマ

  • ソフトテニスの技術考察
  • ソフトテニスの戦術考察
  • 大会の観戦メモ
  • 情報収集した内容

 

「もちおの活動を応援してやるか」って思ってくださる方に購読していただけるとうれしいです。

メルマガ

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA