【ソフトテニス】

【531ページ目】前衛と後衛で一緒にできる練習(生きた球での3本目)【もちおのソフトテニスノート】

//もちおのソフトテニスノート

//2021年7月6日(火) 第531号

——————————————-

こんにちは。総体直前!ということで、最近やった練習について書きます。

 

 

生きた球での3本目練習

【目的】

  • 生きた球(手出しじゃないボール)で3本目の練習をする
  • 試合で簡単に負けないようになる(ラリーになる前のサーブ・レシーブ・3本目の段階でミスしないようにする)
  • レシーブの安定性を高める

 

 

【やり方】

レシーブをする人と3本目を打つ人とに分かれます。

 

 

【531ページ目】前衛と後衛で一緒にできる練習(生きた球での3本目)【もちおのソフトテニスノート】

前衛レシーブの場面を想定して、球出しの人(僕)がネット付近からラケットでボールを出します(セカンドサーブに見立てて)

※実際にサーブを打たないのは時間短縮のため(←サーブを打つのに時間がかかるし、フォルトされたら最悪)。

 

 

【531ページ目】前衛と後衛で一緒にできる練習(生きた球での3本目)【もちおのソフトテニスノート】

レシーブ側の人が逆クロスにレシーブを打ち、ローボレーポジションに移動します。

 

 

【531ページ目】前衛と後衛で一緒にできる練習(生きた球での3本目)【もちおのソフトテニスノート】

サーブ側の人は相手の逆クロスレシーブを左ストレート〜ミドルに返球します。

※攻撃する余裕がある時は、相手前衛と相手後衛の間を通すミドルに打ちたい。余裕がない時は、コントロールが乱れて相手前衛にボレーされてしまう可能性があるので、無難に左ストレートに返したい。

※もし相手前衛にボレーをされた場合はフォロー。

 

この練習を3分×4回とかで回します。

 

 

【発展】

【531ページ目】前衛と後衛で一緒にできる練習(生きた球での3本目)【もちおのソフトテニスノート】

後衛も2グループに分かれて、レシーブ側の後衛の練習をするのもありだと思います。サーブ側の後衛が左ストレート〜ミドル(レシーブ側の後衛目線では右ストレート〜ミドル)に返球してきたボールを打ち返す練習です。

案外4本目の練習(レシーブ側の後衛にとってのファーストタッチの練習)ってやらないので、やる価値はあるかも。

 

今日は以上です!じゃ、またねー

本などについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

社会科のYouTubeチャンネル

社会科(歴史・地理・公民)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

 

 

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>YouTubeチャンネルはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA