未公開メルマガ記事

【585ページ目】わかっていない人が多すぎな前衛のポジションの微調整

 

//もちおのソフトテニスノート

//2021年12月7日(火) 第585号

——————————————-

前衛のポジションの微調整について。

これを教えるのが本当に難しい…。僕の経験上、”すぐに”わかってくれる選手と、なかなか理解できない選手とに真っ二つに分かれます。。

 

 

前衛のポジションの基本

【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】

相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線上に立つ

というのが、前衛のポジション取りの基本。

 

このポジション取りの基本(なんでこのようにポジション取りをするのか?)がわかっていないと、この後の微調整の話がまったく理解できません。

理由について、くわしくはこちらの記事で。

【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】
【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】「前衛をやっているけど、立ち位置が分からない。」 「前衛なんだけど、全然ボールに触れない。」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 ソフトテニスの前衛のポジション について説明をします。...

 

 

ここからは、ポジション取りの基本について理解している前提で話をします。

 

。。。

 

相手に余裕を持って打たれないようにするために、自分たちはボールをいろんな場所に散らして打ちますよね。

なので、相手は移動して打つことになり、その動きにともなって「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線」も移動します。

よって、相手の移動に合わせて(=こちらが打ったボールのコースに合わせて)、前衛もポジションを微調整する必要が生じます。

 

 

前衛のポジションの微調整

正クロス展開で考えると、、、

 

相手後衛の真正面にボールを打った場合

→相手後衛は移動しないので、「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線」も移動しない

→よって、ポジションの微調整は不要

 

 

サイドにボールを打った場合

→相手後衛はコートの端に移動するので、「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線」も端に少し移動する

→ポジションを外側に微調整する

 

 

センターにボールを打った場合

→相手後衛はコートの中央に移動するので、「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線」も中央に少し移動する

→ポジションを中央側に微調整する

 

 

ここではわかりやすくするために3つに分けましたが、、、

実際には相手後衛がほんの少しだけ移動する場合もあります(っていうかそういう場合の方が多い)。その場合は、前衛はポジションをほんの少し微調整します。この細かい微調整ができるかどうか…なんですよねー。

 

 

ポジションを微調整した後は「静止」「観察」

ポジションを微調整した後は、

  • 動きを止めて(静止)
  • 相手をよく見ます(観察)。

ポジションを調整した後に静止せず、そのままの流れで動いてしまうと、相手後衛に動きがバレてしまうので。

 

「静止・観察する時間を長く取るために素早くポジション取りをするんだ!」って東京女子体育大学のOGコーチに何度も何度も何度も何度も言われました。

難しい技術ですけど、意識している人とそうでない人の差は歴然。その人の意識レベルは、動きを見ればすぐにわかります。

 

 

中学生の誤解

一緒に練習をしている中学生は「自分が取りに行きたい方にポジションを微調整するんですよね?」という誤解をしていました。

これは違う。前衛のポジション取りに自分の欲求は関係ありません。相手ありきです。

 

ポーチボレーに行ったりディフェンスをしに行ったり…っていう「判断」は、ポジションを微調整して「静止」「観察」した後の話。

 

 

この誤解を解くための練習メニューは次回書きます。

本などについて

ソフトテニス初心者指導本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス初心者指導本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!
ソフトテニス初心者指導本を出版しました!ソフトテニス初心者の指導方法についてまとめたキンドル本を出版しました!...

 

ソフトテニス戦略・戦術本

各画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します。

【ソフトテニス戦略・戦術本(3部作)】

 

すべてKindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得です!

 

Vol.1 各展開の得点パターン ソフトテニス・戦略・戦術シリーズ(もちおブックス)
ソフトテニス戦略・戦術本を出版しました!【各展開の得点パターン】ソフトテニスの戦略・戦術についてまとめたキンドル本を出版しました! ...

 

YouTubeチャンネル

→チャンネルはこちら

 

グッズ

→グッズはこちら

 

このブログについて

このブログ「もちおのソフトテニスブログ」について

 

ソフトテニスだけじゃなくて勉強も頑張りたい人へ

勉強がテーマのブログも運営しています。ぜひこちらのブログもご覧いただけるとうれしいです!


「もちおスクール」
勉強・学校教育がテーマ

「社会科マガジン」
社会・世の中がテーマ

 

社会科のYouTubeチャンネル

社会科(歴史・地理・公民)の内容について、本質的な部分をわかりやすく解説するチャンネルです。

 

 

【方針】

  • 「つまりどういうことなの?」「なんでこれが大事なの?」ってのを解説する(木で例えると、葉っぱの部分じゃなくて幹の部分を説明する感じ)
  • 細かい内容は省略する
  • 社会科は人間の営みに関する学問なので、当事者のことをちゃんとイメージする(人間の心理も考える)
  • 「社会は暗記すればOK!わからなくても覚えりゃいい!」っていう人を減らす

 

【対象】

  • 中学生〜大人(本質的な部分を解説しているので、中学社会にも高校社会にも対応しているはず!)

※細かい内容はあまり扱わないので、細かくてマニアックな内容を求めている人は満足できないと思います。マニアックさを求めている人は、別のチャンネルを観るのがおすすめです。

>>YouTubeチャンネルはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA